ハイドロキノンの副作用と費用|デリケートゾーンの黒ずみ解消効果

11月 26, 2018 | からshino | ファイル: デリケートゾーンの黒ずみ皮膚科での治療について.

デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法の一つに、「ハイドロキノン」を塗布するという方法があります。
ハイドロキノンとは、別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほど美白効果が高い成分なので、デリケートゾーン以外にも顔のシミやニキビ跡、身体の気になる部分にも使う事が可能です。

また、ハイドロキノンには市販の美容クリームなどに配合されているものと、皮膚科でもらえるものがありますが、皮膚科で処方されるものの方が断然濃度も効果も高いと言われれています。

しかし、ハイドロキノンは副作用も強いのでは?といった不安や、継続するなら値段も気になるところですよね。

こちらでは、ハイドロキノンがデリケートゾーンの黒ずみにおすすめの理由と、費用、治るまでの日数、副作用などについて紹介していきます。
これからハイドロキノンを使いたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハイドロキノンの費用 5gで2,000~3,000円程度
治るまでのおおよその日数 3ヶ月〜6ヶ月

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらう場合、必ず医師の診察が必要になります。
一方で、市販のクリームなどにハイドロキノンが含まれている場合は、当然そういった手間は必要ありません。

ただし、市販では濃度が4%以下のものしか取り扱う事ができないため、比較的穏やかな効果であったり、黒ずみが濃い方には効果が不十分だと感じられる場合もあります。

そのため、確実な効果を手に入れたいと思う方は、市販よりも皮膚科で診察を受け、高濃度のハイドロキノンを処方してもらった方が、より早く確実に効果を実感する事ができるでしょう。

肌の漂白剤と呼ばれるくらい美白効果が高く、また短時間で効果を実感する事ができるので、普通の美白クリームでは効果がなかったという方にもおすすめです。
また、効果は欲しいけどレーザー治療をするのは怖い、金銭面が気になるという方もハイドロキノンから始めると良いかもしれませんね。

ハイドロキノンの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 相場は5gで2,000~3,000円程度
  • 美白効果が高く、短期間で効果を実感できる
  • 処方してもらうには毎回診察が必要
  • 市販のハイドロキノンよりも高濃度で4%以上
  • 保険は適用されず、全額自己負担
  • 長期保存が利かない、副作用が強い可能性がある

皮膚科で処方してもらうハイドロキノンは確かに高濃度であるがためにかなり効果が高いと言われていますが、その分副作用の心配も懸念されます。
やはり、使い続けていると肌が荒れたり、赤み、かゆみが出るなどの副作用があると聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

また、皮膚科でハイドロキノンを処方してもらうには、必ず医師の診察が必要で、薬代とは別に2000円〜3000円ほどかかる場合もあります。
薬がなくなったらそのたびに診察に通わなければいけませんし、少し面倒と感じる方もいるかもしれませんね。

また、保険適用外の診察となるので、全額自費負担しなければいけないなどのデメリットもあります。

ハイドロキノンに副作用はあるの?

黒ずみやシミに効果が高いとされているハイドロキノンですが、心配なのは副作用ですよね。

塗り薬なので体内に直接入れるわけではないものの、塗っているうちに前よりも症状が悪くなってしまっては元も子もありませんよね。
特に敏感肌、乾燥肌、アトピー肌などトラブル肌を持っている方にとっては、副作用はさらに気になると思います。

これから安心してハイドロキノンを使いつづけるためにも、主にハイドロキノンによって報告された副作用はどのようなものなのか、見ていきましょう。

ハイドロキノンの副作用1:黒ずみが濃くなる

黒ずみ部分に塗ると、まれにその部分が余計に黒くなってしまう事があるそうです。
特にシミに関してはこの副作用が出る事が多いのですが、塗ったあとは特に紫外線には注意しましょう。
ハイドロキノンを塗った肌に紫外線が当たってしまうと、その分黒ずみが濃くなる可能性があるのですが、デリケートゾーンの場合は直接紫外線が当たる事が少ないと思います。
それでも、せっかくの黒ずみが改善するチャンスを逃さないように、ハイドロキノンを塗ったあとは紫外線対策が必須です。

ハイドロキノンの副作用2:白斑

主にハイドロキノン5%以上の濃度の場合に出る副作用の一つですが、美白効果が高いだけに濃度の高いものを長期間使用し続けた際に、ハイドロキノンを塗り込んだ部位が白く色抜けしてしまうことがあります。
これを白斑と呼び、濃度が高いハイドロキノンを使ったり、3ヶ月以上使用したりすると、この症状が起こりやすくなります。
もし白斑ができたらすぐに使用を中止し、肌が元に戻るまで様子を見るか、医師に相談してくださいね。

ハイドロキノンの副作用3:乾燥

ハイドロキノンを塗った部分がカサカサと乾燥してしまう事もよくあるようです。
特にデリケートゾーン周辺の皮膚は元々弱く、乾燥しやすい部位なので、ハイドロキノンの刺激によって余計に肌が乾燥してしまう事が少なくありません。
そういった時はハイドロキノンの使用を少しお休みして、保湿をするようにしてください。
乾燥も黒ずみを悪化させる原因の一つとなるので、やはり十分に保湿をして外部刺激から守る事も大切です。

ハイドロキノンの副作用4:赤み

ハイドロキノンは刺激が強い成分ですが、当然濃度が濃くなればなるほど刺激が強いと言えます。
なので、肌質に合わない、アレルギーを起こすなどの危険性もあり、その結果、赤みや炎症が起こってしまう可能性もあります。
また、長期間放置しておいたハイドロキノンを使うと、劣化している可能性あるため、余計に肌の状態が悪くなってしまうリスクもあります。
ハイドロキノンは長期保存ができないうえ、冷暗所で保存しておく事が必須なので、特に夏場や湿気が多い時期は取り扱いに注意が必要です。
使用期限が過ぎたものはもちろん、酸化して茶色く変色したものなども使用しないようにしましょう。

ハイドロキノンの副作用5:使い続けると効果がなくなる

ハイドロキノンは一時的に使用する分には非常に効果が高く、ほとんどの方が目に見える効果を実感する事ができるでしょう。
その反面で、使い続けると目に見える効果が得られなくなる可能性があるのも事実です。
特に濃度の高いハイドロキノンを使うと、ある一定の時期までは格段に効果を実感する事ができますが、その時期を過ぎると、一気に効果がないように感じられてしまう場合があります。
効果がなくなってきたと感じたら、一時的に使用を中断するか、他の種類の薬に変えてみるのも良いかもしれません。
ただし、肌質に合わないものもあるかと思いますので、その際は医師に相談するようにしてくださいね。

ハイドロキノンがデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果がある3つの理由

ハイドロキノンがデリケートゾーンの黒ずみに効果があるのは一体なぜなのでしょうか?
やはり、初めてハイドロキノンを使う方にとっては、黒ずみ改善におすすめな理由を知っておきたいですよね。
おすすめの理由とともに、ハイドロキノンの特徴や黒ずみが治る仕組みも一緒に見ていきましょう。

理由1:美白効果が高い成分だから

ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」と呼ばれているくらい、美白効果が高い成分の一つです。
「市販の美白クリームでは治らなかった」という方も、皮膚科で処方されるハイドロキノンを使用すると、一気に黒ずみが解消したという事例もあるほどです。
なので、特に黒ずみが濃い方、広範囲に黒ずみが広がっている方、長年黒ずみに悩んでいる方には特におすすめの方法だと言えるでしょう。
皮膚科や美容外科ではレーザー治療も行う事ができますが、やはりレーザー治療は一回あたりの金額が高額であったり、やけどや肌トラブルなどのリスクも考えられます。
そして、何よりもレーザーに対して恐怖がある方も多いと思いますので、ハイドロキノンといった塗り薬の方が安心できるのではないでしょうか。

理由2:高濃度であればあるほど効果が出るのが早いから

市販では4%以下の濃度のハイドロキノンしか取り扱う事ができませんが、皮膚科では症状に合わせて5%以上のハイドロキノンを処方してもらう事ができます。
もちろん、濃度が上がれば上がるほど副作用の心配はあるのですが、その分効果も高く、短期間で黒ずみを改善できる可能性があります。
特に、6%以上の濃度のものだと数週間で効果が出る人がほとんどで、効果が全くない人はほぼいないそうです。
黒ずみの程度にもよりますが、皮膚科では市販で買う事ができない濃度のハイドロキノンを処方してもらえるのが嬉しいですね。
また、処方してもらうためには必ず医師の診察が必要となるので、毎回状態をチェックしてもらえて安心でもあります。

理由3:肌の状態を見ながら続けられるから

ハイドロキノンは効果が高い分、肌に赤みが生じたり、かゆみ、乾燥、白斑などの副作用が出る可能性もあります。
中には、やけどのように肌がただれてしまった人もいるなど、副作用の出方は人によって様々です。
しかし、ハイドロキノンの良いところは、肌の状態を見ながら自分で量を調節したり、お休みしたりする事ができる点です。
これは塗り薬全般に言える事なのですが、やはり使い続けているうちに効果がなくなったり、副作用が出てくる可能性もありえます。
日によって肌の調子は異なりますし、体調が悪い時は肌もガサガサになってしまったりと、肌の状態は日に日に変わっていきます。
そんな時に、「なんとなく今日は使わない方が良いな」と思ったら一度使用を控えたり、塗るペースを落とす、医師に相談するなどしても良いかもしれませんね。

ハイドロキノンの治療の流れ

ハイドロキノンはどんな流れで治療が進んでいくのか、初めて使用する方にとっては不安ですよね。
塗り薬なので直接体内に入れるわけではないものの、やはり副作用が気になったり、本当に効果があるのか心配になると思います。
そうなると、本来は効果があるはずなのに、ホルモンバランスや精神状態の乱れによって肌の調子が悪くなり、効果が実感できなかったり、副作用が出てしまう可能性もあるのです。
そういった事態を避けるためにも初めての方が治療の流れを知っておく事がとても大切です。
病院によって細かい部分は異なる可能性がありますが、大まかな流れはどこの病院でもほぼ同じだと思いますので、以下に流れを紹介していきます。

  1. ハイドロキノンを処方してくれる皮膚科を探す
  2. 病院に問い合わせ予約を入れる
  3. 診察日に症状を診てもらいハイドロキノンを処方してもらう
  4. 手と患部を清潔な状態にする
  5. 朝洗顔後、夜入浴後など1日1〜2回薄く塗る
  6. 塗り終わった後は手を石鹸で洗う

ここまでが一連の流れですが、処方してくれるハイドロキノンの量は病院によって様々です。
例えば、1ヶ月分くれる場合もあれば、1週間分しかくれない病院もあります。

絶対にやってはいけないのが、変色したり、使用期限を過ぎたハイドロキノンを使う事です。

まだ残ってるなと思っても、使用期限が過ぎたものは使わず、新しいハイドロキノンをもらうために再度病院を受診してくださいね。
ハイドロキノンがなくなったら3〜6の流れをまた繰り返し、改善が見られるまで続けましょう。

しかし、長期間使用すると効果がなくなったり、副作用が強く出てしまう可能性もあるので、そういった症状が懸念される場合は、一度使用をお休みし、様子を見ると良いでしょう。

ハイドロキノンを取り扱っているクリニック一覧

ハイドロキノンは美白成分の中でも特に効果が高く、濃度が高いものであれば、数週間で完治する可能性もあります。
しかし、全ての皮膚科、美容皮膚科、美容外科でトレチノインを取り扱っているわけではありません。
こちらではハイドロキノンを取り扱っているクリニックをいくつか紹介しますので、これからトレチノインを受けようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

広尾プライム皮膚科

郵便番号 〒150-0012
住所 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー2F
電話番号 0120-255-302
受付時間 10:00 – 19:00
FAX なし
URL https://www.hiroo-prime.com/
治療内容例 トレチノイン、ハイドロキノン

タカミクリニック

郵便番号 〒107-0062
住所 東京都港区南青山3-18-5 モンテプラザ2F・3F
電話番号 03-5414-6000
受付時間 10:00-20:00
FAX
URL http://www.takamicl.com/
治療内容例 炭酸ガスレーザー、レーザートーニング、ハイドロキノン

城本クリニック名古屋院

郵便番号 〒468-0011
住所 愛知県名古屋市天白区平針2−1906 KMビル
電話番号 052-847-5110
受付時間 午前9時〜午後12時(土曜日は12時30分まで)
午後16時~午後19時 
FAX
URL https://www.shiromoto.to/
治療内容例 レーザートーニング、ハイドロキノン

聖心美容クリニック 名古屋院

郵便番号 〒451-0046
住所 名古屋市西区牛島町6-24 アクロスキューブ名古屋5F
電話番号 0120-911-935
受付時間 9:30~20:00
FAX
URL https://www.biyougeka.com/
治療内容例 ピンクインティメイトシステム、ハイドロキノン

ジュノクリニック

郵便番号 〒460‐0003 
住所 愛知県名古屋市中区錦3ー17ー10 錦三ビル7F
電話番号 052-971-6650
受付時間 10:30~20:00
FAX なし
URL http://www.junoclinic.com/
治療内容例 トレチノイン、ハイドロキノン

クリニーク大阪心斎橋

郵便番号 〒542-0081
住所 大阪府大阪市中央区南船場3-12-3 心斎橋セントビル5F
電話番号 06-6252-2700
受付時間 10:00~19:00(不定休)
FAX なし
URL https://clinique-osaka-shinsaibashi.com/
治療内容例 ピンクインティメイトシステム、ハイドロキノン、トレチノイン

サッポロファクトリー 皮フ科・スキンケアクリニック

郵便番号 〒810-0041
住所 札幌市中央区北2条東4丁目サッポロファクトリー2条館4F
電話番号 011-252-4112
受付時間 10:00-17:00
FAX なし
URL http://sf-skincare-clinic.com/
治療内容例 ハイドロキノン、レーザートーニング

くみこクリニック 四条烏丸院

郵便番号 〒600-8007
住所 京都市下京区四条通東洞院 東入立売西町66番地 京都証券ビル6F
電話番号 075-257-7073
受付時間 午前11:00〜午後8:00
FAX なし
URL https://www.kumiko-clinic.net/
治療内容例 ハイドロキノン、炭酸ガスレーザー

磯村クリニック

郵便番号 〒152-0023
住所 東京都目黒区八雲 1-10-17
電話番号 03-3723-8841
受付時間 月・金 午前:9:00~12:00 午後:3:00~7:00
火(午後のみ)午後:3:00~7:00
木(午後のみ)午後:3:00~6:00
土(午前のみ)午前:9:00~12:30
FAX なし
URL http://www.is-clinic.com/
治療内容例 ハイドロキノン

服部皮膚科アレルギー科

郵便番号 〒700-0027
住所 岡山県岡山市北区清心町3-24
電話番号 086-254-2323
受付時間 午前8:30~12:00 午後15:00~18:00
FAX なし
URL http://hattori-hifu.com/
治療内容例 ハイドロキノン

医療法人社団操会 岡山岡山第一病院 皮膚科・美容皮膚科

郵便番号 〒703-8233
住所 岡山県岡山市中区高屋343
電話番号 086-272-4088
受付時間 9:30~12:30、15:00~17:30
FAX 086-272-7953
URL http://www.okayama-daiichi.jp/
治療内容例 ハイドロキノン

しんゆり皮フ科クリニック

郵便番号 〒215-0021
住所 神奈川県川崎市麻生区上麻生1丁目5−2 小田急新百合ケ丘ビル4F
電話番号 044-959-3131
受付時間 10:00~13:00、15:00~19:00
FAX なし
URL http://sinyuri-skin.com/
治療内容例 ハイドロキノン

医療法人社団メディカルハート なでしこ皮膚科クリニック

郵便番号 〒273-0002
住所 千葉県船橋市東船橋1-38-1-2F
電話番号 047-421-1112
受付時間 9:30~13:00、14:30~18:30
FAX なし
URL http://hifuka-2.com/
治療内容例 ハイドロキノン

いうら皮ふ科クリニック

郵便番号 〒525-0048
住所 滋賀県草津市追分南1丁目1-14えんビル1F
電話番号 077-574-8570
受付時間 午前9:00~12:00(一般診療)、午後2:00~5:00(予約診療)
FAX なし
URL http://www.medic-grp.co.jp/
治療内容例 ハイドロキノン

さくらクリニック

郵便番号 〒170-0013
住所 東京都豊島区東池袋1-25-17 ウエストビル6F
電話番号 03-5911-0809
受付時間 10:00〜19:00
FAX なし
URL http://www.sakura-beauty.jp/
治療内容例 ハイドロキノン

ましの皮ふ科クリニック

郵便番号 〒170-0013
住所 広島市安佐南区東原1丁目1-2 クリニックビル4F
電話番号 082-832-2834
受付時間 8:45 ~12:30、14:45~17:00
FAX なし
URL http://www.mashino-hifuka.com/
治療内容例 ハイドロキノン