ヒルドイドでデリケートゾーンの黒ずみは解消できる?費用と副作用

11月 26, 2018 | からshino | ファイル: デリケートゾーンの黒ずみ皮膚科での治療について.

デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法の一つに、「ヒルドイド」を塗布するという方法があります。

ヒルドイドの主な効能は保湿ですが、塗り続けているうちに美白になった、肌が滑らかになったなどの声も多いため、美白効果、血行促進、抗炎症作用が期待できます。

最近ではヒルドイドのこういった優れた効果を求めて皮膚科を訪れる人も多いですが、あまりにもそういった人の数が多いため、保険適用外の処方としている病院、クリニックも多いようです。

今回は、ヒルドイドがデリケートゾーンの黒ずみにおすすめの理由と、費用、治るまでの日数、副作用などについて紹介していきます。
これからヒルドイドを使いたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ヒルドイドの費用 25g 800円程度
治るまでのおおよその日数 3ヶ月〜6ヶ月

皮膚科でヒルドイドを処方してもらう場合、ハイドロキノンやトレチノインと同様、必ず医師の診察が必要になります。

一方で、市販のクリームなどにヒルドイドが含まれている場合は、当然そういった手間は必要ありません。
ただし、市販ではヒルドイドが含まれている商品自体少ないですし、あまりメジャーではないと言えるでしょう。

また、もし含まれていたとしても低濃度であったり、効果が期待できないものが多いため、穏やかな効果しか実感できない、もしくは全く効果を実感できない可能性もあります。
そのため、確実な効果を手に入れたいと思う方は、市販よりも皮膚科で診察を受けてヒルドイドを処方してもらった方が、より早く確実に効果を実感する事ができるでしょう。
美白効果自体はあまり高くないものの、高い保湿効果や血行促進効果が期待できるため、長期的に使っていると肌質改善ができる場合が多いです。

また、副作用があまりないという意味でもヒルドイドはハイドロキノンやトレチノインよりも安心して使えますし、赤ちゃんの湿疹やアトピーにも用いられる事から、誰でも安心して使えるという点が魅力ですね。
値段が安く、しかも安全性が高い、塗り薬としてメジャーに処方されている点がヒルドイドの大きな特徴と言えます。

ヒルドイドの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 1本あたりの単価が安い
  • 保湿効果が高く乾燥肌などにも効果がある
  • 処方してもらうには毎回診察が必要
  • 副作用がほとんどなく安全性が高い
  • 美容目的で手にいれるのは難しい
  • 保険適用外としている病院が多い

安全性が高いとは言うものの、やはりどうしても副作用が気になるという方は多いと思います。
もしくは、赤ちゃんにも使えるとしても、ご自身の肌には合わないといった事も考えられますね。
そういった意味ではどんな塗り薬でも同じ事が言え、「塗ってみなくてはわからない」というのが正直なところです。

また、皮膚科でヒルドイドを処方してもらうには、必ず医師の診察が必要で、薬代とは別に1000円〜2000円ほどかかる場合もあります。
薬がなくなったらそのたびに診察に通わなければいけませんし、少し面倒と感じる方もいるかもしれませんね。
また、保険適用外の診察となる事も多いので、全額自費負担しなければいけないなどのデメリットもあります。

ヒルドイドの3つの副作用

乾燥肌、黒ずみなどに効果が高いとされているヒルドイドですが、心配なのは副作用ですよね。
塗り薬なので体内に直接入れるわけではないものの、塗っているうちに前よりも症状が悪くなってしまっては元も子もありませんよね。
特に敏感肌、乾燥肌、アトピー肌などトラブル肌を持っている方にとっては、副作用はさらに気になると思います。
これから安心してヒルドイドを使いつづけるためにも、主にヒルドイドによって報告された副作用はどのようなものなのか、見ていきましょう。

ヒルドイドの副作用1:赤み

どんな薬でもどうしても肌質によっては赤みなどの副作用が起こる場合もあります。
特にヒルドイドの効能として、血行促進効果が期待できるので、そのために肌が過剰反応し、赤みを引き起こしてしまう事もあるのですね。
赤みは時間とともに消えていく事が多いと思いますが、長時間経っても赤みが改善されない場合は使用を中止するのはもちろん、医師に相談するようにしてくださいね。

ヒルドイドの副作用2:かゆみ

血行が促進する事でかゆみが強く出る可能性があります。
こちらも肌の調子が元に戻ってくるにつれて治る事がほとんどなので心配はいりませんが、かゆみは我慢するのが辛い症状です。
なので、もしかゆくてどうしようもない場合はすぐに使用を中止してください。
強いかゆみから肌をかいてしまって肌荒れを起こしたり、傷がついたりしてしまっては本末転倒なので、決して掻きむしらないようにしてくださいね。
使用を中止してもかゆみが改善されない場合は病院に行って診察を受けるようにしてください。

ヒルドイドの副作用3:発疹・蕁麻疹

発疹や蕁麻疹といった副作用も数は少ないですが報告されています。
特に発疹や蕁麻疹は副作用の中でもアレルギー性が高いと言えるので、もしかすると肌に合わないという前にヒルドイドに対してアレルギーがあるという証拠なのかもしれません。
アレルギーは使い続けていると重篤な症状を引き起こしかねず、ただの肌荒れで終わらない事もあるので、こういった症状が出たらすぐに使用を中止してくださいね。
もしかすると今使っている薬、飲んでいる薬との飲み合わせが悪く、このような症状が出る可能性もあるので、もし発疹や蕁麻疹が出たらすぐに医師に相談するようにしてください。

ヒルドイドがデリケートゾーンの黒ずみ解消に効果がある3つの理由

ヒルドイドがデリケートゾーンの黒ずみに効果があるのは一体なぜなのでしょうか?
やはり、初めてヒルドイドを使う方にとっては、黒ずみ改善におすすめな理由を知っておきたいですよね。
おすすめの理由とともに、ヒルドイドの特徴や黒ずみが治る仕組みも一緒に見ていきましょう。

理由1:保湿・血行促進効果が高い成分だから

ハイドロキノンやトレチノインなど、黒ずみを改善できる可能性のある塗り薬はたくさんありますが、その中でも特に保湿力にすぐれているのがヒルドイドです。
黒ずみの原因は乾燥や外部からの刺激による事も多いので、そういった原因でできたものに対してはかなり高い効果を発揮します。
保湿することによって肌を刺激から守り、乾燥から防いでくれるので、今以上に症状が悪化するのを防いでくれるのが嬉しいですね。
さらに、血行促進効果にも優れているため、肌のターンオーバーを促し、より短い時間で健やかな肌に導いてくれる可能性があります。

理由2:値段が安いから

皮膚科で処方してもらえる薬となると、どうしても診察代もかかってきますし、全体的に高いイメージがあると思います。
特にハイドロキノンやトレチノインは濃度が高くなるにつれて効果が高まる一方で、値段も高くなってしまいますので、継続するのが難しいという点もデメリットではあります。
そういった意味では、ヒルドイドは25gで800円程度とかなり安いですし、症状によっては保険適用となる場合もあります。
美容目的で処方してもらうのは現在はNGですが、治療として処方してもらう事はできるので、病院に症状を説明して保険適用となればラッキーですね。
1本あたりの値段が安いとなると、当然継続するのが楽ですし、もし治療が長期間となっても安心して続けられますよね。

理由3:安全性が高く副作用の心配が少ないから

ハイドロキノンやトレチノインはどうしても副作用が強く、赤み、かゆみ、発疹などの症状がたびたび見られます。
そういった副作用が出るのは効果が高い証拠ではありますが、やはりたびたび副作用が出るとなると継続するのも辛くなってきますよね。
それが効果以上に感じられるようになってしまうと、もはや何のために続けているのかわからなくなってしまうでしょう。
そういった意味ではヒルドイドは安全性が高く、赤ちゃんの乳児湿疹にも処方されるくらい副作用が少ないと言われている成分です。
ごくまれに副作用やアレルギーを引き起こしてしまう事もありますが、そういった事は珍しいので、敏感肌、乾燥肌、アトピー肌などどんな肌質の方でも安心して使う事ができます。

ヒルドイドの治療の流れ

ヒルドイドはどんな流れで治療が進んでいくのか、初めて使用する方にとっては不安ですよね。

塗り薬なので直接体内に入れるわけではないものの、やはり副作用が気になったり、本当に効果があるのか心配になると思います。
そうなると、本来は効果があるはずなのに、ホルモンバランスや精神状態の乱れによって肌の調子が悪くなり、効果が実感できなかったり、副作用が出てしまう可能性もあるのです。
そういった事態を避けるためにも初めての方が治療の流れを知っておく事がとても大切です。
病院によって細かい部分は異なる可能性がありますが、大まかな流れはどこの病院でもほぼ同じだと思いますので、以下に流れを紹介していきます。

  1. ヒルドイドを処方してくれる皮膚科を探す
  2. 病院に問い合わせ予約を入れる
  3. 診察日に症状を診てもらいヒルドイドを処方してもらう
  4. 手と患部を清潔な状態にする
  5. 朝洗顔後、夜入浴後など1日1〜2回薄く塗る
  6. 塗り終わった後は手を石鹸で洗う

ここまでが一連の流れですが、処方してくれるヒルドイドの量は病院によって様々です。
例えば、1ヶ月分くれる場合もあれば、1週間分しかくれない病院もあります。
絶対にやってはいけないのが、使用期限を過ぎたヒルドイドを使ったり、大量に塗布する事です。
まだ残ってるなと思っても、使用期限が過ぎたものは使わず、新しいヒルドイドをもらうために再度病院を受診してくださいね。
ヒルドイドがなくなったら3〜6の流れをまた繰り返し、改善が見られるまで続けましょう。
しかし、長期間使用すると効果がなくなったり、副作用が強く出てしまう可能性もあるので、そういった症状が懸念される場合は、一度使用をお休みし、様子を見ると良いでしょう。

ヒルドイドを取り扱っているクリニック一覧

ヒルドイドは安全性が高く、長期間使用しても問題ない事が多いですが、全ての皮膚科、美容皮膚科、美容外科でヒルドイドを取り扱っているわけではありません。
こちらではヒルドイドを取り扱っているクリニックをいくつか紹介しますので、これからヒルドイドを受けようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

二宮皮フ科クリニック

郵便番号 〒790-0053
住所 愛媛県松山市竹原2丁目15-33
電話番号 089-915-1655
受付時間 9:00-12:00、13:30-18:30
FAX なし
URL http://www.ninodermallergy.com/
治療内容例 ヒルドイド

ジュノクリニック

郵便番号 〒460‐0003 
住所 愛知県名古屋市中区錦3ー17ー10 錦三ビル7F
電話番号 052-971-6650
受付時間 10:30~20:00
FAX なし
URL http://www.junoclinic.com/
治療内容例 ヒルドイド、ハイドロキノン

わかばひふ科クリニック

郵便番号 〒180-0002
住所 東京都武蔵野市吉祥寺東町2丁目11-2 伊藤ビル1F
電話番号 0422-22-1232
受付時間 月・金 10時00分~12時00分
月~金 13時00分~17時30分
土 9時00分~12時00分
FAX なし
URL https://clinique-osaka-shinsaibashi.com/
治療内容例 ヒルドイド

新宿駅前クリニック

郵便番号 〒160-0023
住所 東京都新宿区西新宿1丁目11-11 河野ビル3f
電話番号 03-6304-5253
受付時間 10:00∼14:00、15:30~19:00
FAX なし
URL https://www.shinjyuku-cli.com/
治療内容例 ヒルドイド

神保町駅前皮膚科

郵便番号 〒101-0051
住所 東京都千代田区神田神保町1-7-12 巌松堂ビル6階
電話番号 03-5577-3877
受付時間 月曜日~金曜日 11:00~13:30、15:00~19:30

土曜日 9:00~12:30、14:00~17:30
FAX なし
URL http://jimbocho-hifu.com/
治療内容例 ヒルドイド

日比谷ヒフ科クリニック

郵便番号 〒100-0006
住所 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館16階
電話番号 03-5220-1200
受付時間 月~金 11:00~14:30、16:00~19:30
土 11:00~13:30、15:00~18:00
FAX なし
URL https://www.hibiya-skin.com/
治療内容例 ヒルドイド

やえす日本橋ヒフ科

郵便番号 〒103-0028
住所 東京都中央区八重洲1-5-17 八重洲香川ビルディング3階
電話番号 03-6202-1200
受付時間 月~金 11:00~14:30、16:00~19:30
土 11:00~13:30、15:00~18:00
FAX なし
URL https://www.hibiya-skin.com/
治療内容例 ヒルドイド

蒲田グランデュオ皮膚科

郵便番号 〒144-0051
住所 東京都大田区西蒲田7-68-1 グランデュオ蒲田西館9階
電話番号 03-6424-5560
受付時間 月~金 11:00~14:30、16:00~19:30
土 11:00~13:30、15:00~18:00
FAX なし
URL https://www.hibiya-skin.com/
治療内容例 ヒルドイド

東梅田かなもりクリニック

郵便番号 〒530-0051
住所 大阪市北区太融寺町6-8 阪急産業梅田ビル9F
電話番号 06-6755-4501
受付時間 月水木金(祝日を除く)13:00~16:00
月火水木金(祝日を除く)17:30~21:00
土曜 (祝日を除く)15:00~19:00 日祝 11:30~15:30
FAX なし
URL https://www.umeda-gyne.com/
治療内容例 ヒルドイド

ほしの皮ふ科クリニック大阪院

郵便番号 〒581-0069
住所 大阪府八尾市龍華町1-4-1 メガシティタワーズ2階
電話番号 072-990-0066
受付時間 9:30~12:30、15:30~18:30
FAX なし
URL https://hoshino-osaka-clinic.com/
治療内容例 ヒルドイド

医療法人 太融寺町谷口医院

郵便番号 〒530-0051
住所 大阪府大阪市北区太融寺町4−20 すてらめいとビル4F
電話番号 06-6364-4177
受付時間 8:00~14:00、16:00~20:00
FAX なし
URL http://www.stellamate-clinic.org/
治療内容例 ヒルドイド

かわたクリニック

郵便番号 〒665-0816
住所 兵庫県宝塚市平井1-4-18 ミキビル1F
電話番号 0797-82-2400
受付時間 8:45~12:00、15:15~18:30
FAX なし
URL http://www.kawata-clinic.com/
治療内容例 ヒルドイド

総合クリニック ドクターランド幕張

郵便番号 〒261-8535
住所 千葉県千葉市美浜区豊砂1-1 グランドモール 1F
電話番号 043-351-8555
受付時間 9:30~13:00、15:00~18:30
FAX なし
URL http://dr-land-makuhari.com/
治療内容例 ヒルドイド

松尾医院

郵便番号 〒521-1205
住所 滋賀県東近江市躰光寺町604
電話番号 0798-42-6035
受付時間 9:00~12:30、16:00~19:00
FAX なし
URL https://matuo-clinic.com/
治療内容例 ヒルドイド